河内徒然記

ベトナム、ハノイという街に住んでいます。

蓮の葉

f:id:wasami:20170620233126j:plain

楽しいこともたくさんあったはずなのに、辛い時のことの方が鮮明に蘇る。昔も今も変わらずに割と平穏に過ごしているけど、ふとした時に体の奥に刺さったトゲのようのものが顔を出す。そう、何もかも忘れてしまったような笑顔を振りまく彼らの存在を感じた時。あなた達は忘れてしまっていても、私の心の奥に刺さったトゲは一生癒えない。人が傷つくって、そういうことだと思う。

幸せなこと

f:id:wasami:20170125182017j:plain

ふと静かになった時、頭の片隅に過ぎる人や場所があり、同じく私を思い返してくれる存在がある。多分、それだけでも十分すぎるくらい幸せで、満ち足りたことなのだ。

気持ち

f:id:wasami:20161231175621j:plain

好きな事が好きと言えなくなってしまったのは、一体いつからだろう。

いつもまっすぐに自分の気持ちを伝えられたらいいのにね。

 

言葉の交流

f:id:wasami:20160921231449j:image

でも何が悲しいって、同じ言語を使っているのに通じることができない時。

本当の気持ちを伝えたら傷つけてしまうかもしれない。

空の様子

f:id:wasami:20160713225734j:image

空の様子がいつも同じなら、その下で暮らす私たちも同じ状態でいられるんだろうか。

存在感

f:id:wasami:20160603233249j:image

暑くて眩しくてたまらないけど、あなたの存在はやっぱり必要なんだよね。光り輝くあなたを見ていたいもの、たった一時でも。